30代男性のお客様と話をしていた時話題になったのが補聴器の性能。
補聴器を使われてなんといっても気になるのが、音が聞こえても言葉が聞こえない。
いくらデジタル処理をしても今ひとつ話す相手の言葉がわからない…
この言葉、補聴器が登場してからユーザーから常に補聴器に要求されいまだに完全には解決しない難問。
そのかたは、オーディオから携帯電話の音等やはりアナログの音が好きとおっしゃいます。
私は、ない知恵を絞りある今年の夏に販売されたデジタル補聴器の試聴器を調整し聞いていただいた所なかなかの好感触を得ていただきました。
時期買い替えの候補に上げていただくそうです。
  名古屋