挿耳形(既製及びオーダーメイド)補聴器で一番気をつける事は
音口(音が出る部分)に耳垢が詰まらないようにすることです。
人間生きていれば必ず耳垢は出ます。出た状態で補聴器を
装用すれば音口部分に耳垢が付着します。
ですから音口部分の手入れは必要となります。
耳垢にも人によって「パサパサ」としている人、「クリーム状」
の人、「ロウ」のように少し硬めの人等、個人差があります。
特にクリーム状の人は音口の内部にまで入りやすい。
こういう方は特に注意が必要です。こまめな手入れと耳の
掃除が重要です。
補聴器の清潔さを保つ為、また機器を長持ちさせる為にも
耳垢には十分気をつけ、お掃除をしましょう。
  一宮店