アメリカのスターキー社より革新的なデジタル補聴器が発売になりました。
特に中度~高度難聴向け耳穴型として素晴らしいコストパフォーマンスを発揮しています。

 耳穴形補聴器の価格帯は広く、片耳で10万円弱~40万円以上まで様々です。高額器種にはデジタル技術の進歩により、数年前では考えられなかったほど斬新な機能が搭載されています。
今年の注目は15万円~25万円の中価格帯の補聴器。
最高級器種に匹敵するほどの機能が搭載され、高い価格性能比で好評を得ています。

今回紹介するスターキー社の新デジタル補聴器デスティニーシリーズ(→Link)。
16万円のアバンティと24万円のアリアスは他の補聴器にはない特長を持っています。

 特長1: ハウリング制御

従来からピーピーというハウリング音を防ぐ機能は各補聴器に搭載されてきました。ですが、このデスティニーのハウリング制御機能は従来品とは比較にならないほど強力なものです。
高度難聴で音漏れがしやすい方や、
耳への通気のために大きな空気穴を必要とする方にとっては素晴らしい効果を発揮します。

 特長2: 簡単操作
取り扱いも簡単になるよう、使う方の要望に応じて自由に変更できます。
例えば自動ボリューム+入切スイッチ(↓写真左)
 面倒な操作は一切不要。電源のオン・オフだけの簡単仕様。
スイッチ兼用ボリューム(↓写真右)は慣れた人向け。
 自分の好きな音量にいつでも調整できます。
avante1
 特長3: 指向性
独自の指向性マイクロホンもオプションで選択可能です。
指向性マイクならさわがしい場所でも周囲の騒音に悩まされることなく、正面の会話に集中できます。
会合や屋外での会話が必要な方にはとても便利な機能です。
また、片耳の難聴である方にも効果的です。
avante2
新シリーズの中でもアバンティは特にお勧めです
16万円という価格はオーダーメイド補聴器の中ではお値打ちな部類に入ります。ですが、その性能を十分に引き出せば高額補聴器に劣らない内容になります。
ぜひご来店の上、試聴をしてみて下さい。

  岐阜店