現在実施されている補聴器の交付制度(身障法及び児童福祉法)
は今年9月迄で、10月からは「障害者自立支援法」に基づいて
実施されます。
身体障害者福祉法(昭和24年法律)・児童福祉法(昭和22年法律)
に基づく補装具(補聴器含む)交付制度は長年実施されて来ましたが、
昨年国会で成立しました「障害者自立支援法」に基づいて制度改正
されます。
その中で補装具(補聴器含む)の定義の明確化、補装具に
係る利用者負担の見直し等「補装具等の見直しに関する
検討委員会」で検討が行われているようです。
今の時点では詳細な制度内容は分かりませんが、
改正内容がはっきりすれば、その時またご案内いたします。
  一宮店