約10年ぶりにインフルエンザになってしまいました。子供がかかっていたので警戒してたつもりでしたが失敗。
連日深夜のトリノ観戦で体力が低下してたみたいです。
少し怠いかなと思ったら、アッという間に熱は39度まで急上昇。体中の骨がきしむような嫌な感覚に陥りました。
病院へ行くとインフルエンザの判定ってすぐできるんですね。細長い綿棒を鼻から突っ込んで試薬に。15分ほど待つと結果が出ました。
なぜか今年流行のA型ではなくB型・・・
A型とB型の両方にかかると回復が難しいそうなので、しばらく警戒が必要です。
処方されたのは話題のタミフル
タミフル

インフルエンザの特効薬として有名なこの薬。発熱してから48時間以内に飲まないと効果は薄いらしいので、疑いのある方は早めに病院へ行くことをお勧めします。
また、タミフルはB型よりもA型により効果があるそうです。鳥インフルエンザもA型なので有効であろうと言われています。
さて、その効果ですが、かなり劇的!
飲んで半日ほどで2度近く熱が下がりました。下がりすぎて危険?ではとも思えます。やはり、かなりの劇薬に相当するんでしょうか?
もう一つ気になるのは昨年も話題になった異常行動。果たして自殺衝動が起きないまでも何か幻覚でも見るのかが心配でした。実際、子供は薬を飲むと怖い夢を見て眠れないので嫌だと言っていましたし。
結局の所、特に精神に作用したと思われる症状はありませんでした。高熱でうなされてはいたらしいですが、記憶にはありません。やはり人によるのでしょうね。
いずれにせよ、病気にはならないで済むならその方が良いわけで。
皆様もうがいと手洗い、十分な栄養と睡眠で体をご自愛下さいませ。
  岐阜店