最近のデジタル補聴器で※データロギング
という機能を搭載した物があります。
※補聴器装用中に、装用時間、プログラムの変更、
ボリューム調整量、さらに、どのような音環境で使用
 したか、情報を自動的に記録する機能のこと。
この情報収集機能の利用により、客観的データを
使ってより細かく、また的確にカウンセリングと微調整
をすることが可能となります。
今後こういった高機能を有する補聴器が沢山、さらに
低価格帯にも搭載されて発売されてくると思います。
       by一宮店