寒い季節、補聴器は結露で音が出なくなることがあります。
特に耳掛け形補聴器はよく発生します。
結露による断音は故障ではないので、簡単に直すことができます
「耳掛け形補聴器の音が出ない」というトラブルが、冬にはよく発生します。多くの場合、その原因は結露です。
冬になると窓にびっしり水滴がつくように、寒暖差が大きいところを行き来すると、補聴器内部も結露することがあります。
特に耳掛け形補聴器の場合、チューブ部分に水がたまると音が出なくなってしまいます。
下の写真はチューブに水滴が付いた様子です。
拡大すると水滴が壁になって音道をふさいでいるのが分かります。
4d2f17b6.jpg

この水滴は下写真のようにチューブを外して振り払うか、ティッシュペーパーなどで作ったこよりで簡単に取り除くことができます。
結露した水が音道をふさぎにくい防滴チューブを使うと、こうしたトラブルは少なくなります。防滴チューブは木綿の糸を通せば自分でも簡単に作ることができます。
d0038505_101059.jpg

補聴器から音が出なくなったら「電池」「耳あか」、そして「水滴」も確認してみましょう。

by 岐阜店