補聴器は使いっぱなしではいけません。メンテナンスが必要です。今日はその説明をします。
・ブラシでお掃除
補聴器を使っていると、どうしてもお耳の垢や汚れが付着します。それをお掃除してください。ポイントは音の出口を下に向けて、ブラシを掛けること。上に向けていると、中にゴミが入っていってしまいます。付属のブラシが付いていると思いますので、そちらをご使用ください。無い場合は歯ブラシなどでも代用できます。
フィルターの交換
上記のようにブラシのお掃除をしても、取りきれない汚れがあります。その汚れが蓄積されてくるとフィルターを交換することになります。交換方法はご使用されています補聴器によってそれぞれ違いますので、お買い求めになった販売店にてお尋ねいただくといいと思います。
乾燥剤に入れる
以前、ご紹介しました乾燥剤にいれてください。補聴器内部の湿気等を除去してくれます。機械は湿気に非常に弱いので、こまめな乾燥をしていただくと、より長持ちします。ただし、電池を一緒に入れないようにしてください。乾燥剤の中に電池を入れると、電池の持ちが半分以下になってしまう場合があります。
このようなメンテナンスを怠っていると、補聴器の寿命を短くしてしまいますので蔑ろにはできません。
ご自分でちょっとやりにくいという方には、お店へ来ていただければ、専門スタッフが点検を兼ねてお掃除等をさせていただきます。どうぞお気軽にお立ち寄りください。
BY 岐阜店