正月休みに岐阜県飛騨高山に行ってきましたが、豪雪の影響で街中が大変なことになっていました。
名古屋からJRを利用するのがいいのでしょうが、前後の日程の都合で自動車で行くことになりました。
スキー客と初詣の混雑を考えて朝4時薄曇の名古屋を出発し国道41号線を眠気と戦いながら実に順調に走行できました。下呂辺りまでたどり着いた所で雪が降り始め路面にも雪が積もり始めました。
ノーマルタイヤでしたのでタイヤチェーンを着けたものの路面は雪の溶けている所もありどうしてもペースが上げられず地元の車に迷惑をかけつつ高山市街地に近づくと、除雪がしっかりしているのですっかり路面に雪がなくなっていました。
安心してチェーンをはずし、やれやれと思い国道からそれてJR高山駅近くの市街地に入ったとたん目の前にとんでもない光景が広がりました。
市内の道路に20センチ以上の雪というより氷が覆っていて自動車の轍だけ氷がなく路面電車の様に轍の中をタイヤが転がって行く状態で、思ったようにハンドルを切ることもできずなおかつ雪に覆われた市街地ではタイヤチェーンを再度着けるスペースもなくこわごわ運転しました。
約5時間のドライブの仕上げがとんでもないスノーいやアイスドライブになってしまいました。
でも、その晩入った旅館のお風呂の気持ちよかったこと。
                              
by 名古屋Y