夏場は湿気による補聴器本体の故障に気をつける必要があります。
逆に冬場は補聴器用空気電池に気をつける点があります。
1)寒さ
 空気電池は冷たくなると十分な電圧が発生しません。
 朝は電池が冷え切っていて、新しい電池でも補聴器が動かない場合があります。
 そんな時は、電池を体温で少し暖めてあげると正常に働くようになります。
2)暖房器具
 石油ストーブやガスストーブなどの暖房器具を使用する場合、十分な換気をして下さい。
 閉め切った部屋でストーブをたき続けると空気電池の寿命が短くなる場合があります。
 空気の汚れも問題ですので、補聴器使用の有無にかかわらず定期的な換気はお勧めします。
3)乾燥
 乾燥した空気は空気電池の寿命を縮める事があります。
 
部屋の中が乾燥しすぎないよう工夫するとよいでしょう。
 もちろん、補聴器用の乾燥ケースにも電池を入れないようにしましょう。
         by 岐阜店