補聴器の価格にはかなり広い幅があります。
4万円前後の比較的お値打ちな物から、片耳40万円以上の超高額商品まで様々です。
高額商品=良い商品ではありませんので、自分に本当に必要なものを専門店にて相談しながら決めることが必要です。
価格の違いには様々な要因があります。
1)大きさ
 一般的に小さくなる程高額です。
 ポケットに入れる箱型 < 耳掛け形 < 耳穴形の順番で、
 耳穴形も外から見えにくい極小型は更に高くなる傾向です。
2)調整内容
 どの周波数の音をどれくらい大きくするか。近くの声はどれくらい大きくして、遠くの声はどれくらい大きくするか。逆に大きな衝撃音をどの程度抑えるのか。
 これら調整内容の幅が広くなると、より的確に個々人の聴こえの状態に合わせることができます。
 ですが、聴力によっては複雑な調整が不要な場合も多々あります。
3)付加機能
 色々な付加機能で快適な聴こえを助けます。代表的な機能に以下のような物があります。
ハウリング制御
 :ピーピーというハウリング音を抑えます。
  電話をかけるときや食事をするときなど、断続的に発生するハウリングに特に効果的です。
ノイズリダクション
 :音声以外の音を小さくします。
  車のエンジンやエアコンのファンの音など、会話に必要のない音を小さくすることで言葉の聞き取りを良くします。
指向性マイク
 :特定方向の音を集中的に増幅できます。
  会合や交通騒音かなど、周囲がやかましい状況で会話をするのに有効です。
オープン
 :補聴器の装用感が劇的に向上します。
  最近は多くのメーカーが採用しています。特に軽・中度難聴の方で、補聴器に異物感を感じる方に効果的です。
上記以外にも様々な付加価値を加えた補聴器が多くあります。ですが、自分にとって必要な機能が何なのか決めるのは簡単ではありません。
聴こえに関して普段一番困るのはどんな時でしょうか?
補聴器専門店では使用状況や生活スタイルも考慮して、最適な一台を選ぶお手伝いをさせて頂きます。
機能と価格のバランスがとれた補聴器をお選び下さい。
           by 岐阜店