補聴器からピーピーと音が漏れるハウリング。
補聴器の形状や耳栓の大きさが耳に合っていない時に発生します。
専門店でしっかりと大きさを合わせてもらいましょう。
ハウリングをデジタル技術で抑える補聴器もあります。

ピーピーと音が鳴るハウリングは、本人にも周囲の人間にとっても煩わしい音です。
何とか抑えたいが為に補聴器をギューギューと耳に押し込んで、外耳炎になってしう人もいるほどです。
ハウリングは補聴器の音が外に漏れて、再びマイクで拾うことで発生します。
カラオケのマイクをスピーカに近付けると嫌な音がするのと同じ原理です。つまり、耳と補聴器がピッタリと合っていないとハウリングは発生しやすくなります
そこで、耳型に合わせたイヤモールドという耳栓を作ったり、オーダーメイドの耳穴補聴器を製作して、音漏れしにくいようにします。

ただ、完全に耳と補聴器の隙間を無くすのは簡単ではありません。
口の動きに合わせて耳の形状が大きく変わる場合があるからです。
また、耳への圧迫感を避けるためにワザと隙間を作る場合もあります。

オーダーメイド補聴器の場合、大半はベントという空気穴を作ってこもり感を防いでいます。
他にもオープンフィッティングといって、極端に大きな空気穴を作って装用感を良くするケースも増えています。

デジタル補聴器の中には、大きな空気穴を持たせながらもハウリングを抑える機能を持った物もたくさんあります。
ハウリングの対策には装用している方に応じて様々な方法があります
ピーピー音に悩んでる方は補聴器の専門店でご相談いただくと良いでしょう。