日本国内で販売されている補聴器の種類は

ポケット形、耳かけ形、メガネ形、耳あな形

の4種類です。

実際に販売されている数は、はっきりと

分かりません。しかしメーカーからの出荷台数、

及び種類別の比率は「日本補聴器工業会調査」

として発表されています。

2004年の実績はポケット形(9.5%)

耳かけ形(35.6%) メガネ形(0.3%)

耳あな形(54.7%)となっています。

耳あな形が日本では5割になっていますが

アメリカ(7割)に比べるとまだ耳あな形の比率が

低いです。しかしここ数年来耳あな形の比率は

上昇しています。今後も増えていくと予想されて

います。