オーティコン社より超強力型のデジタル補聴器が発売になりました。
デジタル補聴器史上最大の利得と出力を持つパワー補聴器です。

SumoDM(スモーDM)
と名付けられたこの補聴器は名前通り、
スーパーでウルトラな横綱級の能力を秘めています。

SumoDM

大きな特徴が3つあります。

一つ目は、その力。
音を増幅する力」も「大きな音を出す力」も他の高度難聴用補聴器を圧倒します。
つまり、かなり聞こえが悪い方でも、少しでも聞こえが残っているなら効果がある可能性があります。
実際に、聴力100dB以上という補聴器がなければ全くと言っていいほど音が聞こえないユーザにも好評を頂いています。

大きな音を出す補聴器は、ピーピーという音が漏れるハウリングの問題が発生しやすくなります。
ですがSumoDMは、音声を小さくすることなくハウリングを除去する機能を搭載し、その大きな力を有効に活用することが可能になっています。

二つ目は、雑音抑制機能。
デジタル補聴器ですので、補聴器が発する雑音はほぼ皆無です。
それ以外にSumoDMは、周囲の環境が「静か」なのか「静かな中で会話がある」のか、「騒音下」なのか「騒音の中で会話がある」のかを状況判断しつつ環境に応じた最適な音作りをしてくれます。
これにより、会話以外の音(雑音)を効果的に抑制して、言葉が聞き取りやすくなります。

周囲の状況を補聴器がどのように判断しているかは、販売店で確認することができます。
コンピュータを使って視覚的に見ることもできますので、興味のある方は是非取扱店を覗いてみて下さい。

三つ目は音情報量の自動調整。
これは少し分かりにくいですが、どの程度小さな音から聞こえるようにするかの調整です。
一般的には小さな音まで聞こえた方が良さそうに思えますが、そうではありません。実は人によって、あまりに多くの音が聞こえすぎると、逆に言葉の内容が判別しにくくなる事があるのです。
SumoDMはある条件に従って、装用者に最適な音の幅(ダイナミックレンジ)を提供し、言葉の理解促進に貢献します。

他にも、多彩な入切スイッチや最適音量のお知らせランプなど使い勝手を向上させる仕掛けも色々。
汗や衝撃にも強いケースの設計も安心材料です。

高度難聴で従来の補聴器に満足がいっていない方、一度お店で試聴してみてはいかがでしょうか。