以前にお話しました、肩こりに悩まされていた女性のお客様のその後です。

前回のお話は、どうして両耳装用に挑戦するかの話でした。
そのお客様は補聴器を片耳だけ装用していた方です。
「肩こり」がひどい状態で整体に通っていたのですが、なかなか症状が改善されず、整体の先生にすすめられて補聴器を両耳でチャレンジすることになったのです。つまり、聞こえのバランスを整えて体のバランスも直そうという訳です。

その後、お客様は両耳装用を始めたことと、整体に通われたおかげで肩こりの悩みがだいぶ解消されたそうです。

それに加えてお家の中の会話やテレビの音量も、今までよりも音の大きさを下げて聞くことが出来るようになったそうです。

ずっと片耳で生活していたので最初の1週間くらいは慣れなかったようですが、今では両耳に補聴器をつけていた方が相手の言葉がはっきりきこえるとのことでした。

残念ながらレストランなど人の声が多いところではまだ聞きづらいこともあるそうです。
それでも、いままで片耳で十分だと思い込んでいましたが、両耳装用の効果が分かって、改めて両耳での聴こえの大切さが分かったそうです。