補聴器を装用しても効果のない聞こえの耳があります。

まず、かなり大きな音を聞いても感じることのできない場合。
スケールアウトと呼ばれる状態だと補聴器でどれだけ音を大きくしても
全く無意味になってしまいます。

次に、言葉の内容が全く判断できない聞こえの場合。
「あ」と言われても別の言葉に聞こえたり、言葉がぼやけて全く内容が分からなかったり。
この場合、補聴器で声を大きくしても不明瞭な雑音が大きくなるだけになります。 こうなると、危険回避の目的以外では補聴器を装用する効果が得られません。

両耳がそうなった場合は補聴器ではなく、人工内耳の適応対象になります。

ですが、片耳だけが上記のような状態で、もう片方が正常か補聴器の使える耳ならクロス補聴器を使う事ができます。
クロス補聴器とは一方から入ってきた音を反対側の耳で聞く補聴器です。

下図のの方向から入ってきた音をのように伝って反対の耳に届けます。

クロスイメージ

これで本来聞こえない側面の会話をキャッチすることができます。

静かな部屋の中などでは効果は少ないのですが、
 運転中や電車で並んで座ったとき、
 テーブルなどに並んで座って話をするとき等
聞こえない側にいる人の話を聞くのに大きな効果を発揮します。

片耳が正常な聴力の場合、補聴器を装用しない人も多いのですが、
場所によって耳を傾けられないときなどはクロス補聴器を装用すると便利です。

クロス耳穴 左写真はオーダーメイドタイプのクロス補聴器です。

頭の後ろに回す線が付いていますが、髪がある程度長い方なら完全に隠すことも可能です。

耳掛け補聴器では無線でクロスを実現する物もあります。