補聴器に雑音処理機能というものがあります。

基本的には、補聴器に入ってくる音が車のエンジン音のように連続しているものか人の声のように変化するものかを判別します。

連続音の増幅度を抑え、変化する音を装用する人に快適に聞こえる大きさまで大きくする機能です。

この機能に指向性を合わせることにより、屋外での会話で(井戸端会議をする程度)以前書きましたの鳴き声がかなり抑えられます。

もちろん原則として、両耳装用です。