以前、耳穴補聴器での電話のかけ方をご紹介しました。
今回は耳掛け形補聴器での電話のあて方です。

耳穴式と違って耳掛け形の場合は、マイクの位置が耳の上にきます。
ですので、普段と同じように受話器を耳にあてても上手く聞くことができません。

耳掛け電話
写真のように、受話器も耳の上にあてれば大丈夫。

しっかりと音を聞くことができます。