20年位補聴器を装用されている高度難聴(耳もとで話をしないと

聴こえない程度)のお客様が、予備に準備してあった補聴器を

紛失。早速来店され新しく補聴器を購入されました。

すぐにその補聴器を使うという事ではなく、現在使用中の補聴器

に不具合が生じたとに困らない為の予備器ということです。

健聴者から見ると、現在使用している補聴器が十分働いているの

であれば、たかが補聴器でそこまでしなくても・・・?と思いでしょうが、

されどお客様にしてみれば、聴こえないということは無音の世界

に入ること、言い知れぬ不安を感じられるようです。

私どもは「聴こえてあたりまえ」と思いがち。
しかし音のある世界

とは、 「大変すばらしいことである」
ということを認識せねばと

思うしだいです。