補聴器を装用することで「頭が痛くなる」という訴えを聞くことがあります。

これは、一般的に補聴器の調整による問題です。
補聴器から必要以上に大きな音が出ているために、頭痛の原因になっている事が多いのです。
また、頭が痛くなるような調整の補聴器は、聴力にも悪影響がある場合がありますので、販売店で適切に調整をする必要があります。

調整には色々な種類がありますが、その中で最も重要なものに「出力制限」があります。

出力制限」とは簡単に言うと、補聴器から出る大きな音を抑える機能です。
大きな音で聞くために補聴器を装用するのに、音を抑えてしまっては意味がない気もしますが、大切な機能なんです。
 ボリュームを上げて小さな音を大きく聞こえるようにしても、頭に響くような強大音を抑える効果があるからです。

実は、どれくらい大きな音をうるさいと感じるかは人によって異なります。
特に老人性難聴と呼ばれるタイプの方は、
耳の良く聞こえる人に比べて、小さな音でも頭にひびくような大きな音に感じる事があります。

と言うことは、小さな音は聞こえないし比較的大きな音はうるさい。つまり、受け入れられる音の幅(ダイナミックレンジ)が狭くなっています。

このダイナミックレンジを幅広く有効に活用するために「出力制限」機能が重要になります。

もう一つ、片耳での補聴器装用が頭痛の原因になる場合もあります。

もともと左右の聴こえが同程度だった人が片耳に装用することでバランスが悪くなって、頭痛や肩こりといった症状で現れる事があります。
 補聴器の調整も片耳で十分な補聴効果を出すために、両耳装用の時よりも音を大きくしたりします。
これによって耳への負担も大きくなり、
疲れの原因になり得るのです。

補聴器の両耳装用は様々な効果があります。
ただ、全ての方にお勧めできるわけではありません。
自分に適切な装用状態を知るためにも、必ず片耳と両耳とで聞き比べて、
楽に聴ける状態にする
ことをお勧めします。