先日、来店された女性のお客様のお話です。

その方は右耳に耳穴式補聴器を装用されています。
今回は「整体の先生に左耳にも補聴器を作るように言われたので作って欲しい。」とのご要望でした。
補聴器を両耳に作るよう勧められた理由はこんな事です。

そのお客様は肩こりがひどく毎週、整体の先生にみてもらっているそうです。
ですが、なかなか良くなりません。
その先生が おっしゃるには
右耳に補聴器をつけているので、どうしてもお話を聞く姿勢が悪い。

顔を左に傾けて、右で一生懸命聞こうとする状態が肩こりがなかなか治らない原因ではないか。
そう、説明されるお客様の姿勢は確かに左に傾いておりました。

お調べすると、左右のきこえの程度は同じくらいでした。
左右の聞こえのバランスに気をつけて両耳に補聴器をつけていただきました。

つけた瞬間、ググッとお 顔が私の方に向いて、傾きはかなり改善されました。よーく見ますと若干体の傾きが残っていますが真っ直ぐになっています。
しかも「よく、聞こえる!」と一言。

本来は私たちの方から両耳につける大切さを積極的に説明しなければいけないのですが、今回は肩こりをきっかけに両耳での聞こえの大切さを感じて頂けたようです。